京つう

  出産・育児・子ども  |  洛西

新規登録ログインヘルプ









minne販売中♪⇒
インスタ⇒
どんどんフォローくださいませ。




ランキングバナーTOPに持ってきました♪
ブログランキング参加してます♪
よかったら↓下の写真クリックしてくださいませ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

2008年07月01日

2才の誕生日

二年前の今頃・・・陣痛がひどくなったのを思い出します。

最初から無痛分娩を希望していましたが子宮が3cm開くまで待ってくださいと言われたあの日。

ワールドカップののベッカムの勇士を見ようと意気込んでました。
今年はユーロのフェルンドトーレスでしたが・・・

そして2時前に無痛分娩の麻酔が始まり・・・すばらしく気持ちの良い、すばらしい出産となりました。
といっても朝の10時過ぎまで出てこず、先生が上に馬乗りになったのを今でも忘れません。

これが無痛じゃなかったらと先生に聞くと
「きっと病院中に響くぐらいの叫び声上げてたと思いますよ。」
と言われたの忘れません。

よく陣痛の痛みを避けるなんて・・・いい母親には・・・なんて偏見が日本にはありますが、
よく調べてみると子供にも安全な方法です。
私と同じ日に出産した方は自然分娩ができなくて帝王切開になるところがまず無痛の麻酔を打ってみてから
となって無痛分娩になりました。

選択肢の一つとしてある病院は妊婦にはいいかもしれません。
ただ、その方は、義母に無痛なんて・・・と責められてました。
帝王切開と同じ麻酔なのになぜ・・・偏見・無知は怖いです。


私は本当に無痛でよかった。

これだけ冷静に、安全に我が子とであえるなんてとても感動的でした。
自分でビデオまわせば良かったと後悔してます。

きっと周りのかたもゆったりとしたお産でみなさん余裕があったと思います。
麻酔も完全ではないので出てくるな・・・なんて思ったりして。

お母さん、見てください。もうすぐ出てきますよ~なんて。
一番初めに手と足を確認したこと忘れもしません。
最初に出た言葉は

「よかった・・・」でした。2476g
今までなんでも知ってるような顔して生きてきましたが・・・
やっぱり出産は別ですね。子育てもそうですが。

一ヶ月の早産だったので真っ赤かのお猿さんでした。
みんなぷくぷくしてるのにうちの子は退院まで小猿以上の小猿?!でした。

主人はなかなか生まれないのでシャワーを浴びに自宅に戻ってるときでした。
馬鹿ですね・・・我が子の出産に出会えませんでした(^-^;)

結婚式後、これ以上人生の中で感動する日はそうそうないだろうな・・・なんて
子供をいつか産むとはわかっていたものの結婚式の方が感動するだろうと思っていた自分がいました。



私は比べ物にならなかったです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りベビー用品へ
   ↑ ↑ ぷちっとしてもらえれば幸せです。
製作の糧にランキングに参加することにしました。

少しづつ出品予定です。
おーくしょん
お暇なときにぜひ





  

Posted by hana*bebe*  at 01:57Comments(4)story